• 楽天
  • 口コミ
  • モンド・セレクション
  • 井上先生インタビュー
  • キャンペーン
  • 10%をポイント還元
  • 10%OFFチケットを贈呈中
  • 返金制度
  • モニター募集
  • SET購入で更にお得に
  • 正しいシャンプーの選び方
  • お友達紹介
  • 初めての方へ
  • 座談会 座談会1 座談会2 座談会
  • アラヴォーテルネッサンスシリーズ ルネッサンスシャンプー ルネッサンスコンディショナー ルネッサンスエッセンス ルネッサンストライアル ルネッサンス3日間お試し
  • プリミエシリーズ プリミエシャンプー プリミエコンディショナー プリミエ3日間お試し
  • @cosme
  • 社長ブログ
  • フェイスブック
  • スキンケア大学
  • FAX注文
  • アマゾンショップ
  • 卸を希望される業者様へ
  • 卸を希望される業者様へ
  • 会社概要
  • 取扱店舗
 
  1. ホーム >
  2. 成分のこだわり

成分のこだわり

成分のこだわり

アラヴォーテルネッサンスシリーズの特徴

成分のこだわり

★【新成分:フェザーケラチン】を全てのシリーズに高配合!

低分子で髪の内部まで浸透し、髪を補修する新成分「フェザーケラチン」を全てのシリーズに高配合。髪の芯を補い、高い補修効果が期待できます。


★髪のゴールデンバランスに着目した「ルネッサンス(再生)処方」

髪に本当に必要な「水分」「脂質」「タンパク質」のゴールデンバランスに着目。3つの成分をバランスよく補うことで、内側からの補修、を促します。


★まるで豪華な美容液!選び抜かれた有用成分があなたの髪を変える!

加水分解シルク、リピジュア、ペリセア、ヒアロベール、ポリグルタミン酸、多様なハーブエキスなど…まるで高級美容液の様な成分は髪と頭皮のために選び抜かれたもの。頭皮と髪を美しく健康な状態へ導きます。


成分のこだわり 成分のこだわり

■ その中でも最も注目されているケラチンとは


ケラチンは髪の毛だけではなく爪や皮膚の角質層を形成する成分で、18種類のアミノ酸で結合してできたタンパク質の総称です。

弾力性があり、水分を含む繊維状の細長いタンパク質であり、
構成しているアミノ酸の割合によって、髪の毛や爪の硬ケラチン、皮膚の角質層の軟ケラチンに分けられます。

成分のこだわり


■ なぜルネッサンスはフェザーケラチンにこだわったのか

ルネッサンスシリーズは髪の内側から修復していくことをメインとしています。
そこでもっとも適している成分がフェザーケラチン!
日々の紫外線やブラッシングによる刺激、カラーやパーマのダメージなどでケラチンは毛髪から失われていきます。その結果、毛髪中に必要な水分や油分が保持できなくなり、パサついたり、ツヤが低下してしまいます。
フェザーケラチンとは水鳥の羽根からとられます。
特徴としては、軽いのに柔らかく、弾力性があり、中性やアルカリ状況下で毛髪に入り込み酸性状況下に傾けることで凝縮、増大して水難溶性のケラチンに変化します。
そのフェザーケラチンを高配合することにより、コルテックスの奥まで浸透し、髪のラメラ構造を整えダメージを補修し、さらに表面にも吸着し、キューティクルケアを行います。

成分のこだわり

成分のこだわり


細長いストローを想像してみてください。
そのストローは捻じれたり、所々切れていてキレイな円柱ではありません。

そこに空気を吹き込んだり水分を通したらどうなりますか?
空気や水分は外に逃げてしまいますよね?
ルネッサンスシリーズは髪の毛から栄養成分が逃げないように内側から修復し、膨潤させ、さらに外側の破損部分(キューティクル)を補うシステムなんです。
そしてこれを最も可能にした成分がフェザーケラチンです。



しかし、どんなにフェザーケラチンで内側から修復しても、濡れたままの髪の毛を乾かさずに寝てしまったり、放っておいてはダメです。
髪の毛が水分を含んでいる状態は、髪の毛が膨らんだ状態になっていて、髪の表面を覆っている保護膜であるキューティクルにわずかな隙間が生じているので、髪の毛が傷みやすくなっています。
この髪の毛が傷みやすい状態で、眠ってしまうことは、髪の毛を痛める大きな原因になってしまいます。
濡れた髪の毛のまま眠ってしまうと、寝返りなどで髪の毛が枕や布団と擦れて、どんどん髪の毛にダメージを蓄積をします。
また濡れたままの状態ですと、空気中のホコリなどを吸着しやすく、雑菌や細菌が繁殖しやすくなり、髪の毛にダメージを与える原因となります。
ですので、お風呂から上がった後はすばやく丁寧にタオルで優しく水分を拭き取り、ドライヤーで乾かし過ぎないようにさっと乾かすようにしましょう。



  • カートにいれる
  • カートにいれる
  • カートにいれる

  • カートにいれる
  • カートにいれる



ページトップ